LIFE WORK

仕事行きたくない…憂鬱な朝は思い切って会社を休むべき3つの理由

:2019/05/11

仕事行きたくないと悩んでいる方へ

憂鬱で仕事行きたくない…
今日は、思い切って会社を休んでしまいたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

本記事の要約

  • 仕事行きたくないなら会社を休むべき理由を説明します
  • なぜ仕事行きたくないと感じるのかを解説します
  • 会社を休んだらやるべきことを紹介します

この記事を書いている かしわもち は、社会人歴4年のサラリーマンです。
僕も転職活動を経験するまでは、月曜の朝はとても憂鬱で、仕事行きたくないと悩んでいました。

今回は、仕事行きたくないと悩む人向けに憂鬱な朝の対処方法を解説します。

仕事行きたくないなら会社を休むべき理由

仕事行きたくないなら会社を休むべき理由

仕事行きたくないと感じた朝は、思い切って会社を休んでしまいましょう。

仕事は人生の中でも一部にしか過ぎず、辛い思いを耐えてまで、会社に全てを捧げて働く必要は全くないのです。

思い切って会社を休んでしまった方が良い理由は、次の3つです。

  • 自分の心や体こそが一番大切
  • 有給休暇は労働者の権利
  • 会社を休んでも迷惑ではない

自分の心や体こそが一番大切

自分の人生の中心となる一番大切なものは、自分の心や体です。

仕事行きたくないという衝動は心や体の危険信号であり、自分の心や体を守るためにも、休む勇気が必要となります。

辛い仕事を我慢しながら続けるよりも、適度に休みながら無理せずに続ける方が、圧倒的に幸せな毎日を過ごすことができます。

有給休暇は労働者の権利

有給休暇は労働者に与えられる当然の権利であり、自由に取得することができます。

有給休暇の利用は自由

年次有給休暇における休暇の利用目的は労働基準法の関知しないところであり、休暇をどのように利用するかは、使用者の干渉を許さない労働者の自由であると解すべきである。

出典:最高裁判例

仕事行きたくないと感じた憂鬱な朝こそ、まさに有給休暇を取得すべきタイミングです。

電話で直接話す必要は全くなく、メールで「体調不良のため、休ませてください」と伝えるだけで、憂鬱な朝から解放されます。

会社を休んでも迷惑ではない

会社を休んでも意外と迷惑はかかりません。

一般的な会社では、仕事を属人化させないことが基本であり、誰かが休んでも仕事が回るようにきちんと仕組み化されています。

絶対に休めないような会社はブラック企業なので、今すぐ転職を検討するべきです。

なぜ仕事行きたくないと感じるのか?

なぜ仕事行きたくないと感じるのか?

仕事行きたくないと感じる理由は、会社に心や体が拒絶するストレス源があるからです。

結論から言うと、環境を変えてストレス源を取り除くことでいずれも解決できます。

僕の例を紹介すると、仕事いきたくないと感じたのは次のような理由によるものでした。

人間関係にストレスを感じる

上司や顧客からのプレッシャーなど仕事の人間関係の悩みは、ストレスの原因No.1です。

人間関係のストレスにより体調を崩してしまったり、ひどい場合は鬱病のような心の病気になってしまうケースが後を断ちません。

無理して我慢を続けるより環境を変えるべきですし、思い切って転職を決意することが自分からアクションを起こせる解決策です。

仕事内容にストレスを感じる

仕事内容にストレスを感じるということは、その仕事が自分に合っていないという思いがあると考えられます。

現在の仕事に拘らずとも、世の中には様々な種類の仕事がいくらでもあります。

  • 営業
  • マーケティング
  • IT系エンジニア・SE
  • WEB系エンジニア
  • 電気・機械系エンジニア
  • コンサルタント
  • デザイナー
  • 経理・財務
  • 人事・総務
  • 法務・知財
  • 総務・広報
  • 物流・運輸・設備
  • 建築・土木・製造

もし現職で仕事に行きたくないと感じているならば、そのまま我慢をして続けても得られることは少ないと個人的には思います。

僕も電気系エンジニアからIT系エンジニアに転職してからは、仕事内容からのストレスはほとんどなくなりました。

疲れていて気分が乗らない

毎月100時間近く残業しているような激務に追われて寝不足が続くと、頭痛や倦怠感といった体の異変が現れてきます。

働いた分のお金がもらえているならまだしも、サービス残業を強いられているような場合は、モチベーションも上がりません。

ブラック企業に人生を捧げる必要は全くないので、一刻も早く転職を決断しましょう。

会社を休んだらやるべきこと

会社を休んだらやるべきこと

会社を休む勇気を振り絞ることができたら、もう少しだけ頑張って次の行動も起こすべきです。

自分から行動を起こすことが、明日からの未来を変えることにつながります。

転職サイトに登録する

まずは、転職サイトに登録しましょう。

転職エージェントは豊富な経験や求人案件を持っていて、あなたの希望に合わせた仕事を的確に紹介してくれます。

実際の転職までの流れ

転職エージェントと面談
→求人案件に応募
→書類選考・ WEBテスト
→面接2回
→内定→退職手続き→入社

とりあえず転職サイトに登録してみて、転職エージェントと面談してみてから、実際に転職するかどうかを判断していけばOKです。

僕は大手で転職エージェントも優秀なリクルートを利用して、転職活動を行いました。
>>リクルートエージェント

会社以外の収入源を作る

副業を始めて会社以外の収入源を確保しましょう。

嫌でも仕事を続けているのは、次のようなお金の不安によるものだと思います。

  • 貯金は少ないし、ローン返済で毎月の生活もギリギリだな…
  • 税金・年金・保険とかも払っていかないといけないしな…
  • 転職したら、今より年収は上がるんだろうか…

僕はブログを書いたり投資をしたり、仕事以外の手段でも稼いでいますが、会社に収入を依存しないことで精神的な余裕が生まれています。

ブログアフィリエイトであれば初心者でも簡単に始められるので、気になる方は以下の記事も読んでみてください。

趣味でリフレッシュする

仕事を忘れて趣味でリフレッシュしましょう。

転職の第一歩など行動を起こせた方は、休みの日には十分すぎるほど頑張りました。

一日中ゲームするもよし、ジムに行って気分転換するもよし、自分の好きなことに時間を使ってリフレッシュしてみてください。

まとめ

今回は仕事行きたくない方向けに、会社を休むべき理由やその後のアクションを解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 仕事行きたくないと感じた朝は、会社を休みましょう
  • 自分の心や体が一番大切ですし、会社を休んでも意外と迷惑はかかりません
  • 環境を変えて、会社にあるストレス源を取り除くことがポイントです
  • 転職や副業など明日からの未来を変えるアクションを起こしましょう
  • 今日は、一日ゆっくり休んでリフレッシュしてください

無理して気の進まない仕事を頑張ることだけが人生の全てではありません。
リクルートエージェント等を活用して、ストレスを感じない仕事を探してみてください。

以上、「仕事行きたくないと悩む人向けの憂鬱な朝の対処方法」でした。

関連記事

-LIFE, WORK

Copyright© かしわみち , 2019 All Rights Reserved.