アフィリエイトで使える画像素材サイト7選【ロイヤリティフリー】

アフィリエイトで使う画像を探している方へ

画像を使ってアフィリエイト記事を見やすくしたい。
ロイヤリティフリー素材を提供するサイトを知りたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、アフィリエイト歴10年のブロガーです。

今回は、アフィリエイトにオススメの画像素材サイトを紹介します。

アフィリエイトで使える画像素材サイト

アフィリエイトで使える画像素材サイト

アフィリエイトで使える画像素材サイトを7つ厳選して紹介します。

以下の画像素材サイトは、ロイヤリティフリー画像を提供していて、商用利用を含めてブログに自由に掲載することができます。

それぞれの画像素材サイトの特徴を確認していきましょう。

1. 【有料】Shutterstock

Shutterstock

Shutterstockは、世界最大級の画像数を誇るストックフォトサービスです。

世界中の写真家やイラストレーターが画像をアップしていて、ブロガーは画像をロイヤリティーフリーで利用可能となっています。

とにかくクオリティが高く、僕は月3,500円の有料プランで利用しています。

2. 【有料】PIXTA

PIXTA

PIXTAは、日本人が使いやすい画像が豊富に揃う国内のストックフォトサービスです。

月額制プランだけでなく1枚500円程度から買えるのが特徴で、単発で良い画像が欲しいという方にオススメです。

日本人好みの写真やイラストが提供されているので、Shutterstockと使い分けましょう。

3. 【無料】Pixabay

Pixabay

Pixabayは、綺麗な画像が完全無料で使える海外のフリー画像素材サイトです。

有料サイトに画像の豊富さでは劣りますが、ビジュアル重視で美しい画像が多いので、アイキャッチなどに活用できます。

元々は海外のサイトですが、日本語での検索にも対応していて、とても使いやすいです。

4. 【無料】Unsplash

Unsplash

Unsplashも同じく、完全無料で使える海外のフリー画像素材サイトです。

こちらも無料とは思えない美しい画像ばかりで、Pixabayよりは、洗練されたイメージの画像が多い印象です。

画像を探す際には、英単語のキーワードで検索してみてください。

5. 【無料】写真AC

写真AC

写真ACは、おそらく最もよく使われている国内のフリー画像素材サイトです。

日本人モデルの画像が豊富で、ビジネス、趣味、生活、風景など、多様なシーンの画像を自由に利用することができます。

他ブログと画像が被りやすいことと1日の画像保存数に制限があることが難点でしょうか。

6. 【無料】ぱくたそ

ぱくたそ

ぱくたそは、日本人モデルの画像に強みを持つフリー画像素材サイトです。

「使って楽しい、見て楽しい」をキャッチコピーとしていて、モデルが様々な表情をしている画像を揃えています。

人間の表情は最強のアイキャッチと言われていますので、ぜひ活用してみましょう。

7. 【無料】いらすとや

いらすとや

いらすとやは、誰もが一度は見たことがあるイラストが特徴のフリー素材サイトです。

特に、本文の理解を促進させるための概念図の作成に役立ちます。大抵のシーンのイラストがあるので、ほぼ何でも作れます。

とにかくイラストの種類が豊富なので、ぜひ一度確認してみてください。

アフィリエイトで画像を使うメリット

アフィリエイトで画像を使うメリット

アフィリエイト記事では、画像を効果的に使うことが重要です。

画像を使うメリットは、以下の3つです。

  • 印象に残りやすくなる
  • 文章が読みやすくなる
  • 実イメージが伝わる

それぞれのメリットを深掘りしていきます。

印象に残りやすくなる

The Power of Visual Content出典:The Power of Visual Content

画像のような視覚情報は、文字情報よりも圧倒的に印象に残りやすいと知られています。

脳に伝わる情報の90%は視覚情報であり、視覚情報は文章よりも6万倍も速く脳に伝達されるという説があります。

アフィリエイト記事に画像を交えると、文字だけよりも読者の記憶に残りやすいのです。

文章が読みやすくなる

画像を使ったアフィリエイト記事は、文字だけを敷き詰めるよりも読みやすくなります。

文字ばかりが詰め込まれた文章は非常に読みづらく、適度に画像を交えることが、ユーザービリティの向上にもつながります。

例えば、小説とマンガのどちらが読みやすいかを考えればわかりやすいですよね。

実イメージが伝わる

伝えたいことの文脈に合った画像を添えると、よりイメージが伝わりやすくなります。

文字だけで説明するよりも、図やグラフなどの画像を交えて説明したほうが、読者が理解しやすいのは明らかですよね。

強くアピールしたい箇所ほど、画像を入れるようにすると、効果的です。

アフィリエイト記事での画像の使い方

アフィリエイト記事での画像の使い方

アフィリエイト記事で効果的に画像を使う際に意識するべきポイントは、次の5つです。

  • アイキャッチは必ず設定
  • H2見出し下に設置する
  • Alt属性で意味を説明する
  • 画像はツールで圧縮する
  • 画像の遅延読み込みをON

アイキャッチは必ず設定

アイキャッチは必ず設定

アイキャッチ画像は、ブログ記事の冒頭に設置され、サムネイルの役割をする画像です。

ブログ記事のタイトルや内容に合ったアイキャッチ画像を設定すると、読者の興味を引き、本文まで読んでもらいやすくなります。

アイキャッチ画像には、ブログ記事で伝えたいことを視覚的に表す画像が最適です。

H2見出し下に設置する

H2見出し下に設置する

H2見出し下に設置するイメージ画像は、ブログ記事にリズムを生み出す役割を担います。

特に最近はスマホで見る読者が多いので、画面が文字ばかりで埋められていると、ストレスを感じて離脱してしまいます。

当ブログでも、Shutterstockで取得したエモい画像を各見出しごとに設置しています。

Alt属性で意味を説明する

Alt属性で意味を説明する

画像にはAlt属性を設定し、画像の意味を説明するテキストを記述しておきましょう。

検索エンジンは、Alt属性のテキストから画像の意味を理解しています。適切に記載すると、SEOにも効果があるとされています。

当ブログでは、画像の前にある見出しと同じテキストをAlt属性にも設定しています。

画像はツールで圧縮する

画像を使いすぎるとウェブページの表示が遅くなるので、圧縮ツールで軽くしましょう。

Googleが2018年に実施したスピードアップデートでは、ウェブページの表示速度をランキングに取り入れることが発表されました。

WordPressを使っているのであれば、以下のプラグインを入れるだけでOKです。

EWWW Image Optimizer

画像の遅延読み込みをON

ウェブページの高速化に有効な対策として、画像の遅延読み込みを有効化しましょう。

画像データを一気に読む込むと表示速度が遅くなるので、ブラウザに表示された領域の画像だけを読み込むようにします。

こちらもWordPressであれば、以下のプラグインをインストールするだけでOKです。

a3 Lazy Load

まとめ

今回はアフィリエイト向けの画像素材サイトについて、オススメ7選を紹介しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • アフィリエイトで使える画像サイトとして、Shutterstockなどを紹介しました
  • 記事で画像を使うと、印象が残りやすくなったり、文章が読みやすくなります
  • 記事で画像を使う場所としては、アイキャッチ部やH2見出し下がオススメです
  • 画像データは読み込みに時間がかかるので、圧縮ツールで軽くしましょう
  • 画像データを段階的に読み込むようにする遅延読み込みの使用も有効です

ブログ記事に使う画像を探す時間を短縮したい場合は、Shutterstockがオススメです。

有料画像は高いと思うかもですが、実際に試してみると良さが実感できるはずです。

以上、「アフィリエイトにオススメの画像素材サイト」でした。

あわせて読みたい

-AFFILIATE

Copyright© かしわみち , 2020 All Rights Reserved.