【AMAT】アプライド・マテリアルズの株価・配当金の推移と銘柄分析

AMATの株価・配当金データを知りたい方へ

AMATの株価・配当金について、詳しく知りたい。
最新データやこれまでの分析データを参考にしたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、【AMAT】アプライド・マテリアルズの株価・配当金の推移や銘柄分析を紹介します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

【AMAT】アプライド・マテリアルズの株価データ

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の直近の株価は、以下の通りとなっています。

株価$60.95
前日比$-0.75(-1.22%)
年間高値$66.77
年間安値$41.54

株価データは、米国株式市場が終了した後の毎日12時以降に更新しています。

AMATの株価の変動をチャートで詳しく確認していきましょう。

株価チャート

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の株価チャートは、上記の通りです。

株価を長期的に見ると、急速に成長しているチャートとなっています。

S&P500との比較

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の直近5年間の株価上昇率をS&P500と比較しました。

S&P500をアウトパフォームしていることがわかります。

【AMAT】アプライド・マテリアルズの配当金データ

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の配当金に関するデータは、以下の通りです。

配当利回り1.44%
年間配当額$0.88
配当支払い月3, 6, 9, 12月
連続増配年数3年

米国株では、四半期ごとに年4回の配当金が支払われるのが一般的となっています。

配当利回りや四半期配当の推移をグラフでさらに詳しく確認していきましょう。

配当利回りの推移

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の配当利回りの推移は、上記の通りです。

株価上昇が続いていて、配当利回りが下がっていることが確認できます。

四半期配当の推移

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の四半期配当の推移は、上記の通りです。

配当金の額は横ばいでしたが、2018年からは増配を続けています。

増配率の推移

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の増配率の推移は、上記の通りです。

増配は始まったばかりですが、増配率は高めの水準にあることがわかります。

【AMAT】アプライド・マテリアルズの銘柄分析

ここからは、アプライド・マテリアルズ(AMAT)のビジネスについて分析をしていきます。

セクター情報技術
S&P格付A-
採用指数S&P500

AMATは、情報技術セクターに所属する大型銘柄となります。

自社環境」「競合環境」「市場環境」という3つの観点でビジネスを確認しましょう。

AMATの自社環境

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の主力の商品・サービスは以下の通りです。

  • 半導体製造装置
    成膜装置、エッチング装置、不純物注入装置

AMATは、世界最大の半導体製造装置メーカーです。半導体プロセスの中でも、前工程の領域で幅広い製品群を持ちます。

前工程とは、シリコンウエハにICチップを形成するプロセスで、成膜→露光→現像→エッチング→不純物注入と処理していきます。

引用元:SCREEN

AMATの業績推移

AMATの競合環境

アプライド・マテリアルズ(AMAT)の競合企業としては、次のような3社が挙げられます。

  • ASML
  • 東京エレクトロン
  • ラムリサーチ

アプライド・マテリアルズは、半導体製造装置の売上高で世界1位です。装置別シェアでは、成膜装置や研磨装置に強みを持ちます。

2013年には、競合の東京エレクトロンとの経営統合を進めていましたが、米国司法省の許可が得られず失敗に終わりました。

半導体製造装置の世界ランキング引用元:VLSIresearch

半導体製造装置の装置別シェア引用元:EE Times

AMATの市場環境

半導体製造装置分野の市場環境は、以下のような状況となっています。

  • 半導体製造装置市場は、年率7%で成長を続ける見通し
  • 日本と米国だけで市場全体の約8割のシェアを占める
  • シリコンサイクルと呼ばれる半導体需要の循環があり

半導体製造装置市場は、次世代通信規格5Gの普及に伴う設備投資需要が追い風となり、年率7%で成長を続ける見通しです。

市場にはシリコンサイクルと呼ばれる約4年周期の景気循環があり、現在は設備投資が再開されていて上昇局面の入り口となります。

半導体製造装置市場の動向

引用元:Market Research Future

\スマホで手軽に米国株/
初心者でもカンタン
アプリで少額から投資ができる

One Tap BUY

※口座開設は完全無料で、維持費用もかかりません。

まとめ

今回は【AMAT】アプライド・マテリアルズの株価・配当金や銘柄分析を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • AMATの株価は好調で、S&P500をアウトパフォームしています
  • 配当金は、3年間連続増配中ですが、株価上昇で配当利回りが下がっています
  • AMATは、世界最大の半導体製造装置メーカーで、幅広い製品を提供しています
  • 半導体製造装置の売上高は世界1位で、成膜装置・研磨装置に強みを持ちます
  • 世界の半導体製造装置市場は、年率7%で成長を続ける見通しです

AMAT以外にも、高配当銘柄情報を提供してくれるモトリーフールのメールマガジンも活用してみましょう。

また、投資資金を増やしたいという方は、米国株ブログで資金を稼ぐのがおすすめです。

以上、「【AMAT】アプライド・マテリアルズの株価・配当金の推移や銘柄分析」でした。

【本日の注目】米国株の値上がり銘柄・値下がり銘柄ランキング

【高配当&連続増配】米国株の配当利回りランキングTOP20

米国株のおすすめ銘柄まとめ【株価/配当金の推移とビジネス分析】

あわせて読みたい

-米国株投資
-

© 2020 かしわみち