米国株の買い方・購入方法まとめ【初めてでもわかるアメリカ株投資】

米国株の買い方を知りたい初心者の方へ

株式投資は初めてだけど、米国株投資を始めてみたい。
米国株の買い方をわかりやすく教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、米国株の買い方・購入方法を初心者の方に向けて解説します。

米国株の買い方・購入方法

米国株の買い方・購入方法

米国株を購入するには、国内の証券会社で開設できる外国証券取引口座を使います。

米国株の買い方・購入方法は、次のような3ステップの手順となります。

  1. 証券口座を開設する
  2. 米ドルを準備する
  3. 買い注文を出す

それぞれのやり方を確認していきましょう。

1. 証券口座を開設する

証券口座を開設する

まずは、米国株を取引できる証券会社を選び、外国証券取引口座を開設します。

米国株の取引が可能な、おすすめネット証券は次の通りです。いずれも口座開設料と管理手数料は無料になっています。

口座開設時のオプション選択では、「特定口座(源泉徴収あり)」と「NISA口座」を忘れずに選択しておいてください。

関連記事 米国株の証券会社を詳しく

2. 米ドルを準備する

米ドルを準備する

米国株を買うには、証券口座に米ドルで購入資金を用意しておく必要があります。

日本円で入金してから、米ドルに両替するという手順になります。手数料がかかるので、余裕を持って入金するようにしましょう。

詳しいやり方は、各証券会社のサイトで解説されているので、確認してみてください。

3. 買い注文を出す

買い注文を出す

ここまでの準備が整ったら、買い注文を出して、実際に米国株を購入してみましょう。

米国株の買い注文の取引画面では、以下のような項目を入力します。

  • ティッカー
    米国株の識別記号を入力します。
  • 数量
    購入する数量を入力します。
  • 注文種類
    指値注文/成行注文を選びます。
  • 指値価格
    指値注文の価格を入力します。
  • 期間
    注文の有効期限を指定します。
  • 預かり区分
    米国株を預ける口座を選びます。

それぞれの証券会社での操作手順は、以下のリンク先で確認することができます。

米国株を購入する際のポイント

米国株を購入する際のポイント

米国株を購入する際には、日本株とは全く異なるポイントがいくつか存在します。

米国株が初めての方にぜひ知ってもらいたいポイントは、次の3つです。

  • 取引時間は深夜帯
  • 1株から購入できる
  • ティッカーで指定

それぞれのポイントを深掘りしていきます。

取引時間は深夜帯

米国株の取引時間は、アメリカ東部時間の9:30〜16:00であり、日本の深夜帯です。

アメリカではサマータイム制度が採用されているので、日本時間では冬期間と夏期間の2パターンが存在することになります。

  • 通常期間(11月〜3月)
    日本時間 23:30~翌6:00
  • サマータイム期間(3月〜11月)
    日本時間 22:30~翌5:00

日本株市場のように前場や後場の区別はなく、取引が一日中続く一場制となります。

関連記事 米国株の取引時間はこちら

1株から購入できる

米国株には、日本株のような単元株制度は存在せず、1株から気軽に購入できます。

米国株の場合は1株から売買できるので、米国株を代表する銘柄であっても、数千円ほどの資金から投資を始めることができます。

取引手数料についても、取引金額の0.45%という設定になり、負担は軽いです。

関連記事 米国株の取引手数料を詳しく

ティッカーで指定

米国株の取引には、ティッカーシンボルという銘柄コードが使われています。

銘柄の社名に由来する1〜5文字のアルファベットで表され、次のように特徴的なティッカーシンボルも多く存在します。

ティッカーシンボルは、Yahoo!ファイナンスなどで簡単に調べることができます。

米国株を代表するおすすめ銘柄

米国株を代表するおすすめ銘柄

最後に、米国株を代表するおすすめ銘柄を5つ紹介していきます。

  • JNJ:ジョンソン&ジョンソン
  • KO:コカ・コーラ
  • MCD:マクドナルド
  • AAPL:アップル
  • V:ビザ

今回紹介する銘柄は、優れた成長戦略や競争上の優位性を持ち、グローバルで活躍している優良企業ばかりです。

各銘柄の特徴を確認していきましょう。

JNJ:ジョンソン&ジョンソン

JNJ:ジョンソン&ジョンソン

ジョンソン&ジョンソンは、バンドエイドでお馴染みの総合ヘルスケアメーカーです。

一般消費者向けのヘルスケア商品が有名ですが、医薬品や医療機器も製造していて、ヘルスケア分野で不動の地位を築いています。

57年連続増配の配当王銘柄でもあり、多くの米国株投資家が選定している銘柄の1つです。

KO:コカ・コーラ

KO:コカ・コーラ

コカ・コーラは、誰もが1度は飲んだことがある世界最大の清涼飲料水メーカーです。

世界中で圧倒的なブランド力を確立していて、営業利益率は20%超えという日本企業では考えられない業績を誇っています。

世界一の投資家であるバフェット氏のポートフォリオを構成するバリュー銘柄として有名です。

MCD:マクドナルド

MCD:マクドナルド

マクドナルドは、世界に35,000店以上を展開しているファーストフードチェーンです。

最近では、利益率が高いフランチャイズ店を増やしていて、ロイヤリティ収入がビジネスの柱という堅実な経営にシフトしています。

株主還元を重視する企業で、43年連続増配の配当貴族銘柄です。

AAPL:アップル

AAPL:アップル

アップルは、iPhoneやiPad、Macで圧倒的なブランドを築く世界最大級のIT企業です。

世界で最も価値のあるブランドと評価されていて、世界時価総額ランキングでもTOP5の常連企業になっています。

世界を圧巻する製品を次々と生み出すヒットメーカーへの投資は、非常に魅力的です。

V:ビザ

V:ビザ

ビザは、クレジットカード決済ネットワークのVISAを提供しているIT企業です。

世の中でキャッシュレス化が急速に進む中で、クレジットカードの決済手数料とライセンス収入を寡占しています。

設備投資がほとんど必要ないビジネスモデルであり、成長が著しいグロース銘柄です。

まとめ

今回は米国株の買い方・購入方法について、実際の手順やポイントを解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 米国株を購入するには、外国証券取引口座を国内の証券会社で開設します
  • 日本円を入金して米ドルに両替すると、米国株の買い注文を出すことができます
  • 買い方としては、ティッカーコードで銘柄を指定し、1株単位で購入可能です
  • 米国株の取引時間は、夏期間と冬期間のパターンがあり、日本時間の深夜帯です
  • 米国株の代表銘柄として、グローバルで活躍する優良銘柄を5つ紹介しました

米国株は、証券口座を開設すれば、誰でも簡単に購入することができます。

おすすめの証券会社は、以下の通りです。

以上、「米国株の買い方・購入方法まとめ」でした。

あわせて読みたい

-US-STOCK

Copyright© かしわみち , 2020 All Rights Reserved.