MONEY US-STOCK

米国株インデックス投資のススメ【10年後に資産を倍にする運用法】

:2019/05/26

米国株インデックス投資を始めてみたい方へ

資産を投資して、着実に効率よく増やしていきたい。
米国株のインデックス投資について教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

本記事の要約

  • 米国株インデックス投資のススメを解説します
  • 米国株のおすすめインデックス指数を紹介します
  • 積み立てに必要な投資資金の作り方を説明します

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴4年のブロガーです。

今回は、米国株インデックス投資の特徴や始め方を解説します。

米国株インデックス投資のススメ

米国株インデックス投資のススメ

資産運用を始めるならば、米国株インデックス投資が最適解であると言われています。

その理由は、米国株インデックス投資は過去50年以上にも渡って強い成長を続けているアメリカ経済に投資できるからです。

世界で最も有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏も、自分の死後は、米国株の代表的なインデックス指数であるS&P500へ投資するよう強く推奨しています。

インデックス投資とは何か

インデックス投資とは、個別銘柄ではなく市場全体に投資する投資方法のことです。

実際には、インデックス指数に値動きが連動するように運用されている投資信託やETFがあり、そちらに投資することになります。

日本株では日経平均株価、米国株ではダウ平均株価のようなインデックス指数があり、誰もが一度は聞いたことがあると思います。

インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  • 低コストで分散投資ができる
  • 資産運用の手間がかからない
  • 安定したリターンが得られる

特に強調したいメリットは、市場平均と同じ安定したリターンが得られることです。

出展:インデックス投資は勝者のゲーム

市場平均は軽視しがちですが、過去30年間でS&P500指数は約15倍にも成長しています。

着実に資産を形成していくためには、大きく勝つことよりも、長期間に渡って負けないことが重要なポイントになります。

インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol...

インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol...

ジョン・C・ボーグル, John C. Bogle
1,980円(11/21 17:51時点)
発売日: 2018/05/13
Amazonの情報を掲載しています

インデックス投資の始め方

インデックス投資を始めるには、大きく3つの方法があります。

  • 投資信託を購入する
  • 国内ETFを購入する
  • 米国ETFを購入する

この中でもおすすめしたいのが、米国ETFを購入する方法です。

米国ETFは、投資信託や国内ETFに比べて信託報酬(手数料)が安く、長期間保有する場合の保有コスト面でのメリットが大きいです。

米国ETFの買い方は、米国株の買い方と同様なので、以下記事を参考にしてみてください。

米国株のおすすめインデックス指数

米国株のおすすめインデックス指数

ここからは、米国株のおすすめインデックス指数を紹介します。

米国株を代表的する2つのインデックス指数であるS&P500とダウ平均株価の特徴を確認していきましょう。

S&P500

S&P500は、代表的な大型株500銘柄の時価総額から算出されるインデックス指数です。

インデックス指数の算出方法は時価総額の加重平均であり、分散効果が大きく、米国経済全体に投資できることが特徴です。

S&P500に投資できる投資信託やETFは、次の通りです。

国内ETF

  • 1547(経費率:0.16%)
  • 1557(経費率:0.09%)
  • 1655(経費率:0.15%)
  • 2521(経費率:0.15%)

米国ETF

  • SPY(経費率:0.09%)
  • IVV(経費率:0.04%)
  • VOO(経費率:0.03%)

S&P500は、投資初心者はこれを買えば間違いと言われるほど王道なので、迷った場合は最も信託報酬が安いVOOを買えばOKです。

ダウ平均株価

ダウ平均株価は、米国経済を代表する30銘柄の株価で算出されるインデックス指数です。

インデックス指数の算出方法は株価の平均であり、株価が高い銘柄の影響が大きく、特定銘柄の影響を受けやすいことが特徴です。

ダウ平均株価に投資できる投資信託やETFは、次の通りです。

国内ETF

  • 1546(経費率:0.45%)
  • 1679(経費率:0.60%)
  • 3312(経費率:0.24%)

米国ETF

  • DIA(経費率:0.17%)

ダウ平均株価は、誰もが知っている成熟企業から構成されるため安定していて、直近のパフォーマンスはS&P500より優れています。

積み立てに必要な投資資金の作り方

積み立てに必要な投資資金の作り方

インデックス投資で資産を最大化するためには、継続的な積立投資が欠かせません。

投資資金の捻出に苦労することと思いますが、オススメしたいのが米国株ブログです。

米国株情報をブログで発信しながら広告収入を稼ぐ方法であり、手順は次の通りです。

  • 米国株ブログを作成する
  • トレンド情報を集める
  • 米国株ブログで発信する

米国株ブログを作成する

米国株に関連する情報を発信するためのブログをWordPressで作成しましょう。

基本的には、ブログに多くのアクセスを集めることで、広告収入が稼げるという成果報酬型のビジネスモデルとなります。

ブログの作り方や広告サービスの利用方法は、以下の記事に詳しくまとめています。

トレンド情報を集める

米国株ブログに書くネタを集めるためWSJを購読するのがおすすめです。

WSJ(ウォールストリート・ジャーナル)は、日経新聞のアメリカ版と言えばわかりやすいかもしれません。日本語版もあります。

お試し購読で安く読めるキャンペーンが実施されているので、確認してみてください。
>> ウォールストリート・ジャーナル日本版

既にキャンペーンが終了している場合、リンク先がエラーになります。

米国株ブログで発信する

米国株ブログで情報を発信して、アクセスを集めていきましょう。

記事の内容としては、投資成果やトレンド情報に対する自分の意見など、好きなことを自分の言葉で発信すればOKです。

アクセスを集めるコツとしては、米国株専門のブログランキングがあるので、上位ブロガーの記事の書き方を参考にしてみましょう。
>>米国株ブログ村

まとめ

今回は米国株インデックス投資について、その特徴や始め方を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 米国株インデックス投資は、アメリカ経済全体に投資できる資産運用方法です
  • 市場平均と連動しているので、安定したリターンを得られることが特徴です
  • インデックス投資を始めるには、投資信託や国内/米国ETFを購入すればOKです
  • 代表的なインデックス指数として、S&P500とダウ平均株価を紹介しました
  • インデックス投資で資産を増やすには、継続的な積立投資が重要となります

米国株インデックス投資は、時間経過に伴う経済成長を味方に付ける投資方法です。
S&P500やダウ平均株価の過去のリターンは確かなものなので確認してみてください。

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

太田 創
1,650円(11/21 15:44時点)
発売日: 2019/03/20
Amazonの情報を掲載しています

以上、「米国株インデックス投資のススメ」でした。

関連記事

-MONEY, US-STOCK

Copyright© かしわみち , 2019 All Rights Reserved.