AFFILIATE BLOG

アドセンスに落ちた方は必見!不合格時に確認するべきチェックリスト

:2019/05/17

アドセンスの審査に落ちたと悩んでいる方へ

Googleアドセンスの登録審査に落ちてしまった。
合格するために見直すべきポイントを教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、アフィリエイト歴10年のブロガーです。

今回は、アドセンスに落ちた場合のチェックリストを紹介します。

アドセンスの登録審査に落ちた原因

アドセンスの登録審査に落ちた理由

アドセンスに落ちた原因を確認してみると、次の2つのどちらかに大きく分類されます。

  • 不十分なコンテンツ
  • アドセンスポリシー違反

しっかりと原因を確認して修正することで、アドセンスの審査には必ず合格できます。

それぞれの原因の詳細を確認しましょう。

不十分なコンテンツ

ブログの記事数やその中身が少ないと、不十分なコンテンツとして不合格になります。

不十分なコンテンツで落ちた原因

  • 記事数が少ない
  • 記事中の文字数が少ない

ブログにある程度のコンテンツ量がなければ、広告枠としての価値も低いと言えます。

アドセンスの具体的な審査基準は公開されていませんが、1,000文字以上の記事を5記事以上書くことを合格の目安と定めましょう。

アドセンスポリシー違反

Googleの定める規約に違反すると、アドセンスポリシー違反として不合格になります。

アドセンスポリシー違反で落ちた原因

Googleのサービスを利用して広告を掲載させてもらうことになるので、アドセンスポリシーは絶対に守らねばなりません。

再審査を申請する前に、Googleの定める規約を必ず熟読しておきましょう。

審査に通過するためのチェックリスト

審査に通過するためのチェックリスト

アドセンスの審査に通過するために見直すべき5つのチェックポイントを紹介します。

コンテンツ量を増やす

ブログに記事を追加して、コンテンツ量を増やしましょう。

不十分なコンテンツだけを原因として落ちた場合は、2〜3記事追加したら合格したという事例も多くあるようです。

以下の記事を参考に、記事構成の基本も理解して2,000〜3,000文字書けるとベストです。

禁止コンテンツを再確認

記事中に禁止コンテンツが含まれていないか再確認しましょう。

アドセンスのコンテンツポリシーに明記されている禁止コンテンツは、次の通りです。

  • アダルト
  • 成人向けのテーマ
  • 危険または中傷的な内容
  • 危険ドラッグ・薬物
  • アルコール・タバコ
  • ギャンブル・ゲーム
  • ヘルスケア
  • ハッキング・クラッキング
  • 報酬プログラムの提供
  • 不適切な表示
  • 衝撃的な内容
  • 武器・兵器
  • 不正行為を助長する内容
  • 違法な内容

禁止コンテンツの対象は、テキストだけでなく、画像やリンク先も対象となります。

少しでも疑わしい内容の記事がある場合は、修正や削除を行ってください。

プライバシーポリシーの設置

個人情報の取り扱いに関する方針であるプライバシーポリシーを必ず設置しましょう。

プライバシーポリシーは、コンテンツポリシーに必須コンテンツとして明記されているので、必ず用意しなければなりません。

Googleアドセンスについて
当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を使用しています。

Google社は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するため、Cookieを使用することがあります。

ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にすることができます。
また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効にすることができます。

出典:当サイトのプライバシーポリシー

上記の記述を参考に、プライバシーポリシーを作成してみてください。

コンテンツはオリジナルにする

コンテンツは、独自性の高いオリジナルコンテンツである必要があります。

具体的には、記事のコピペはもちろんのこと、TwitterやYouTubeの引用のみで作られたコンテンツなどもNGです。

ブログを移行したために、複数のブログで同じ内容の記事が公開されている場合は、片方を非公開にするよう対応してください。

著作権フリーの画像を使う

画像を勝手に転載すると著作権侵害にあたるので、著作権フリーの画像を使いましょう。

この記事では、Shutterstockという画像素材サイトの画像が綺麗で豊富なので、利用させてもらっています。

ブログ記事に使える画像素材サイトは、以下の記事に有名どころをまとめています。

アドセンスに落ちた人でも使える広告

アドセンスに落ちた人でも使える広告

アドセンスには落ちたけれど、早くブログを収益化したいというのが本音だと思います。

そこで、登録審査不要で今すぐに使えるアフィリエイト広告を紹介します。

A8.netは審査不要で登録可能

A8.net

A8.netは、国内No.1 の大手ASPにも関わらず、登録審査が必要なく、すぐにアフィリエイト広告を使い始めることが可能です。

クリック型のアドセンスと異なり、成果報酬型の広告サービスとなりますが、数千件規模の豊富な広告案件が用意されています。

ブログで稼ぎたい方には定番のASPなので、公式サイトで詳細を確認してみてください。

ASPとアドセンスは併用できる

アドセンスの審査合格後も、ASP広告とアドセンス広告は併用することができます。

Google側の公式の見解として、次のように広告の併用が認められています。

Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます。

出典:AdSense と他の広告ネットワークを併用する

アドセンスのガイドラインを守れば、ASP広告とアドセンス広告は自由に併用してOKです。

広告を併用するメリットやポイントを知りたい方は、以下の関連記事もご覧ください。

まとめ

今回はGoogleアドセンスについて、不合格の際に見直すべきポイントを解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • ブログの記事数や文字数が少ないと、不十分なコンテンツで不合格になります
  • Googleの規約に違反すると、アドセンスポリシー違反で不合格になります
  • 記事中や画像、リンク先に禁止コンテンツがないか再確認してください
  • プライバシーポリシーは、合格するための必須コンテンツになります
  • オリジナルコンテンツを作成し、著作権フリーの画像を使いましょう

アドセンスはブログで稼ぎたい方には不可欠の広告サービスです。
登録審査に落ちてしまった方も、適切な修正を行って、再申請を行ってみましょう。

以上、「アドセンスに落ちた場合のチェックリスト」でした。

関連記事

-AFFILIATE, BLOG

Copyright© かしわみち , 2019 All Rights Reserved.