アフィリエイトとアドセンスは併用できる?【広告の違いも比較】

アフィリエイトとアドセンスを併用したい方へ

アフィリエイトとアドセンスの併用で収益を増やしたい。
アドセンスの規約上は、併用しても問題ないのかな?

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、アフィリエイト歴10年のブロガーです。

今回は、アフィリエイトとアドセンスは併用できるかを解説します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

アフィリエイトとアドセンスは併用できる?

アフィリエイトとアドセンスは併用できる?

アフィリエイト広告とアドセンス広告は、併用して掲載することができます。

Googleアドセンスの公式ヘルプにも明記されていて、詳細は次の通りです。

Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます。

引用元:AdSense と他の広告ネットワークを併用する

実際にこのブログでも、アフィリエイトとアドセンスを効果的に併用することで、広告収益を増加させています。

アフィリエイトとアドセンス比較

ここで、アフィリエイトとアドセンスの違いを、改めて比較してみましょう。

アフィリエイト

  • 広告は自分で選んで貼る
  • 報酬発生の条件は売れること
  • 報酬単価が高い(数千円程度)

アドセンス

  • 広告は自動で表示される
  • 報酬発生の条件はクリックだけ
  • 報酬単価が安い(数十円程度)

アフィリエイトは「難しいが報酬が高い」、アドセンスは「簡単だが報酬が安い」と異なる特徴を持つことを理解しておきましょう。

広告の種類はいくつかありますが、役割に応じて使い分けていくことが大切です。

広告を併用するメリット

広告を併用するメリットは、幅広い読者を取りこぼしなく収益化できることです。

アフィリエイト広告から実際に購入する読者は5%もいません。アドセンス広告の併用で95%の購入しない読者を収益化しましょう。

1つのマネタイズ方法に依存するのではなく、収益の柱をきちんと分散させることが、安定的な稼ぎにつながっていきます。

広告を併用する際の注意点

アドセンスの禁止コンテンツに該当する広告は貼れないので、注意してください。

  • アダルト系商品
  • 出会い系サービス
  • 武器(エアガンなど)
  • タバコ・電子タバコ
  • アルコール飲料

広告もコンテンツの一部であると判断されるため、紹介する広告も含めてアドセンスポリシーを遵守しなければいけません。

よくファミリーセーフと言われるのですが、家族全員で見られるようなコンテンツを作成すれば、問題になることはまずありません。

アフィリエイト広告の効果的な使い方

アフィリエイト広告の効果的な使い方

アフィリエイト広告は成果報酬型なので、広告からいかに商品を売るか工夫が必要です。

広告から効果的に売るためのテクニックを学んでいきましょう。

商品ではなく未来を語る

商品を売るためには、商品の特徴ではなく、商品で実現する未来を語ることが大切です。

これはマーケティングの基本ですが、商品自体にお金を払うのではなく、商品で変わる未来にお金を払うことを意識しましょう。

ドリルを売る場合の例

ユーザーにとっての価値は、「ドリル自体」ではなく、「ドリルが開ける穴」です。

伝えるべきことは、「ドリルのスペック」ではなく、「ドリルで穴をいかに楽に開けられるか」となります。

この考え方は、以下のマーケティング本で学んだのですが、アフィリエイトの収益アップにも大きく役に立ってくれています。

ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

佐藤 義典
1,572円(10/02 00:21時点)
発売日: 2006/12/23
Amazonの情報を掲載しています

テキスト広告を中心に使う

テキスト広告を中心に使う

アフィリエイト広告を貼る際は、バナー広告ではなくテキスト広告を使いましょう。

その理由は、読者は広告感の強い広告を避けるためです。ネットリテラシーの高い読者は、目立つ広告をノイズとして無視します。

テキスト広告を記事に溶け込ませるように設置するのが、最近では主流となっています。

関連記事 アフィリエイト広告の貼り方はこちら

アドセンス広告の効果的な使い方

アドセンス広告の効果的な使い方

アドセンス広告はクリック報酬型なので、広告のクリック率を高めるだけでOKです。

広告のクリック率を2%ほどまで向上させるテクニックを紹介していきます。

クリック率が高い最適配置

アドセンス広告の最適配置

アドセンス広告のクリック率を1〜2%ほどにできる最適配置は、上の図の通りです。

もちろんブログの構成やデザインによって最適な配置は変わってくるので、上記の配置をベースにカスタマイズしてみてください。

最適配置通りの広告ユニットを作る方法は、以下の記事にて詳しく説明しています。

関連記事 アドセンスの最適配置はこちら

自動広告も活用してみる

アドセンス自動広告の仕組み

アドセンスの自動広告を導入して、広告配置をGoogleに任せてしまうのも効果的です。

全て自動広告に任せると、広告の表示が無秩序になってしまうので、手動で最適配置は押さえておくのがオススメです。

関連記事にて、自動広告の設定方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 アドセンス自動広告の詳細はこちら

まとめ

今回はアフィリエイトとアドセンスについて、併用の可否や使い方を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • アフィリエイト広告とアドセンス広告は、併用しても良いと明記されています
  • 両方の広告を併用することで、幅広い読者を取りこぼしなく収益化できます
  • アドセンスの禁止コンテンツには該当する広告は貼らないよう注意しましょう
  • アフィリエイト広告から効果的に売るために、テキスト広告を活用してください
  • アドセンス広告のクリック率は、最適配置で2%ほどまで上げることができます

アフィリエイトとアドセンスは、積極的に併用して収益の安定化を図りましょう。

他にもブログ収益を増やすポイントを以下にまとめているので、ぜひご覧ください。

アフィリエイト初心者が覚えておくべきポイント15項目【1から学ぶ】

続きを見る

以上、「アフィリエイトとアドセンスは併用できるか」でした。

あわせて読みたい

-アフィリエイト

© 2020 かしわみち