AFFILIATE BLOG

アフィリエイト広告の種類まとめ【仕組み・活用方法をやさしく解説】

:2019/02/26

アフィリエイト広告の種類を知りたい方へ

アフィリエイト広告をもっと効果的に使い分けたい。
広告の種類ごとの仕組みや活用方法を教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

本記事の要約

  • 課金方式の観点から2つの広告種類を解説します
  • 表示形式の観点から3つの広告種類を解説します
  • アフィリエイト広告の効果的な使い方を紹介します

この記事を書いている かしわもち は、アフィリエイト歴10年のブロガーです。

今回は、アフィリエイトの種類を課金方式と表示形式の観点から解説します。

アフィリエイト広告の種類【課金方式】

アフィリエイト広告の種類【課金方式】

アフィリエイト広告は、報酬発生条件により、成果報酬型・クリック報酬型・インプレッション報酬型の3種類に分類できます。

いずれも異なる特徴を持ち、ブログや掲載する記事の特徴に合わせて使い分けることで、収益アップが見込めます。

成果報酬型広告

成果報酬型広告

成果報酬型は、広告から売り上げが発生した時に報酬がもらえるタイプの広告です。

報酬は発生しにくいですが、報酬単価は数百円〜数千円のものまでと比較的高めです。
成果を発生させるには、コンテンツと広告の内容を一致させる必要があります。

読者ニーズと広告をマッチできれば、高い収益も期待できることから、特化ブログや雑記ブログを運営している方におすすめです。

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告

クリック報酬型は、広告がクリックされるだけで報酬がもらえるタイプの広告です。
報酬は発生しやすいが、報酬単価は数十円程度と比較的安めのレンジです。

自動で最適な広告が配信されるため、コンテンツの内容を選ばず利用できます。

代表的なクリック報酬型ASP

汎用性が高く全てのブログで活用可能ですが、様々なネタを取り扱うトレンドブログとは相性が良い広告の種類です。

インプレッション報酬型広告

インプレッション報酬型広告

インプレッション報酬型は、広告が表示されるだけで報酬がもらえるタイプの広告です。
広告の表示回数1,000回ごとに数円〜数十円ほどの報酬が発生します。

クリック報酬型と同じく広告は自動で配信され、コンテンツの内容を選びません。

代表的なインプレッション報酬型ASP

多くのアクセスは集められるけれども広告のクリック率が低いと言われている、まとめブログを運営している方は導入必須です。

アフィリエイト広告の種類【表示形式】

アフィリエイト広告の種類【表示形式】

アフィリエイト広告の表示形式には、テキスト・バナー・ネイティブという3種類の形態が存在します。

それぞれ効果的な活用シーンが異なるので、特徴を理解して使い分けていきましょう。

テキスト広告

テキスト広告

テキスト広告は、その名の通り文字リンクで表示される広告です。

シンプルな形式で広告感が弱く、本文中に自然な形で設置できることが特徴です。
クリック率が高い傾向にあるため、基本的にはテキスト広告を中心に使いましょう。

ユーザーにさりげなく興味を持たせて選んでもらうような多くの記事で活用することができます。

バナー広告

バナー広告

バナー広告は、画像やアニメーションによって表示される広告です。

画像の視覚効果により、ユーザーに商品やサービスの強烈な印象を残すことが特徴です。
使いすぎると、強い広告感を与えてしまうというデメリットも併せ持っています。

ユーザーが商品やサービスをダイレクトに求めているランキング記事や比較記事で活用すると効果的です。

ネイティブ広告

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、メディアのデザインに溶け込んで表示される広告です。

ユーザーに広告があるという違和感やストレスを与えることなく、コンテンツと広告を共存させられることが特徴です。

GoogleアドセンスAFFINGER5を併用すれば、広告をごく自然な形で溶け込ませることができ、非常に効果的です。

アフィリエイト広告の効果的な使い方

アフィリエイト広告の効果的な使い方

適切な広告の種類を選び、使い方を工夫することで、より収益を増やすことができます。

すぐに実践できる3つのノウハウを学んでおきましょう。

広告の選び方のコツ

稼ぎやすい広告は、報酬単価が高く、売り上げ発生のハードルが低い広告です。

アフィリエイト広告を選ぶ際には、次の3つのポイントを意識してください。

  • 報酬単価が高い
  • 成果条件が易しい
  • 知名度が高い

有料案件の簡単な見分け方としては、多くのアフィリエイターに利用されている広告を選べばOKです。

稼げる広告の選び方の詳細については、以下の記事も合わせてご覧ください。

広告の貼り方のコツ

テキスト広告を活用する

広告表示の種類としては、バナー広告ではなくテキスト広告を利用することが基本です。

広告を広告だと目立たせないことこそが、クリック率を上げて成果発生を増やすためのポイントです。

テキスト広告を本文中に上手く入れ込む方法は、以下記事にまとめています。

アドセンス広告の最適配置

アドセンス広告の最適配置

アドセンス広告は、配置を工夫することでクリック率を劇的に上げることが可能です。

平均的なクリック率が0.2%程度と言われているアドセンス広告ですが、配置の工夫次第で1〜3%を目指すこともできます。

さらに詳しく学びたい方は、次の参考記事をぜひご覧ください。

まとめ

今回はアフィリエイト広告の種類について、課金方式と表示形式の観点から解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 課金方式の観点からは、成果型・クリック型・インプレッション型の3種類に分類できます
  • 表示形式の観点からは、テキスト・バナー・ネイティブの3種類に分類できます
  • 報酬単価が高く、売り上げ発生のハードルが低い広告を選びましょう
  • バナー広告ではなくテキスト広告を利用することが基本となります
  • クリック率を上げるため、アドセンス広告の配置も工夫してみましょう

アフィリエイトで稼ぐために必要な情報を体系的に詳しくまとめました。
基本から応用までを段階的に習得できるので、下記よりぜひご覧ください。

アフィリエイトを成功に導くジャーニーマップ-月10万を稼ぐ方法論

アフィリエイトで稼ぎたいと考えている方向けのまとめ記事です。 「これからアフィリエイトを始める」という初心者から「アフィ ...

続きを見る

以上、「アフィリエイト広告の種類まとめ」でした。

関連記事

-AFFILIATE, BLOG

Copyright© かしわみち , 2019 All Rights Reserved.