WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリットは?【やさしく解説】

WordPressのメリット・デメリットを知りたい方へ

WordPressがオススメって聞くけど、実際はどうなの?
メリット・デメリットをわかりやすく教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、ブログ歴10年のブロガーです。

今回は、WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリットを解説します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

WordPress(ワードプレス)のメリット

WordPress(ワードプレス)のメリット

WordPressの主なメリットをまとめると、以下の通りとなります。

  • カスタマイズの自由度が高い
  • テンプレートが豊富にある
  • 運営の広告が表示されない
  • ブログの削除リスクがない

WordPressは世界シェアNo.1のブログシステムであり、本格的なブログが運営できます。

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

カスタマイズの自由度が高い

カスタマイズの自由度が高い

WordPressは、ブログのデザインや機能をかなり自由にカスタマイズ可能です。

ブログの構成要素の全てを調整できるので、カスタマイズの幅に限界はありません。

サイドバーに人気記事ランキングを設置して、広告はここに表示するというようにブログの全てを自分自身で決められます。

テンプレートが豊富にある

テンプレートが豊富にある

WordPressでは、すぐに使えるブログのテンプレートが豊富に提供されています。

テーマと呼ばれるデザインテンプレートをインストールするだけで、プロ並みの仕上がりのブログが簡単に完成します。

足りない機能をブログに追加するのも、目的のプラグインをインストールするだけです。

WordPressテーマの例

運営の広告が表示されない

WordPressでは、運営の広告が表示されないことも大きなメリットです。

ブログを収益化したい場合は、WordPress一択です。全ての収入が自分に入る広告を、好きな場所に設置することができます。

一方で、ほとんどのレンタルブログでは、運営の広告が強制的に表示されてしまうので、かなりの機会損失が生じます。

ブログの削除リスクがない

WordPressブログは、自分の所有物となり、削除リスクがないことがメリットです。

サーバーやドメインを自分で用意するため、レンタルブログのように規約に縛られることはなく、自由にブログを運営できます。

これがレンタルブログになると、規約に違反する内容の記事を書いてしまった場合に、ブログが削除されてしまう危険性があります。

WordPress(ワードプレス)のデメリット

WordPress(ワードプレス)のデメリット

WordPressの主なデメリットをまとめると、以下の通りとなります。

  • ブログ運営に費用がかかる
  • ブログ開設が少し難しい
  • 基本的には全て自己責任

WordPressを使いこなすには知識が必要で、一般的なレンタルブログに比べると、心理的なハードルが少し高いと言われています。

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

ブログ運営に費用がかかる

ブログ運営に費用がかかる

WordPressでブログを運営するためには、初期費用と月額費用がかかります。

具体的には、サーバーとドメインにかかる費用となり、大まかな目安は次の通りです。

  • WordPressの初期費用
    約8,000円 (税込)
  • WordPressの月額費用
    約1,200円 (税込)

エックスサーバーお名前.comを利用する場合の費用

WordPressでのブログ運営には上記費用が必要ですが、広告を掲載してブログを収益化することで、十分に回収が可能です。

ブログ開設が少し難しい

ブログ開設が少し難しい

WordPressは、レンタルブログに比べてブログ開設が難しいことがデメリットです。

サーバーとドメインは自分で準備する必要があり、ワードプレスのインストール作業も自分で行わなければなりません。

ただし最近では、クリックするだけでワードプレスがインストールができるサーバーが登場していて、かなり簡単になっています。

当ブログにも、WordPressの始め方を徹底的にわかりやすく解説した記事があります。

基本的には全て自己責任

WordPressには、公式のサポートはなく、基本的には全て自己責任となります。

公式サポートが存在しないため、WordPressのインストールや運用でトラブルが起こっても、全て自分で解決することになります。

一方で、利用者が多いので、わからないことがあればネットからすぐ情報を得られます。

スマホで手軽に
世界水準の資産運用

時間がなくても知識がなくても
金融アルゴリズムが投資をサポート!

WordPressとレンタルブログ比較

WordPressとレンタルブログ比較

最後に、WordPressとレンタルブログのメリット・デメリットを比較してまとめます。

それぞれの違いがわかるように、ここまで説明してきた7軸での比較表を作成しました。

WordPressレンタルブログ
費用サーバー代+ドメイン代プラン料金+ドメイン代
難易度少し難しい簡単
カスタマイズ性高い低い
テンプレート豊富少ない
ブログの削除リスクなしあり
運営の広告表示なしあり
運営のサポートなしあり

まとめると、ワードプレスとレンタルブログは、次のような人におすすめとなります。

WordPressがおすすめな人

WordPressがおすすめな人

本格的にブログを始めたいという人は、ワードプレスがおすすめです。

ワードプレスは、とにかく高機能なブログを使えることが強みで、後のアクセスアップ・収益アップにも取り組みやすいです。

難しそうなイメージのサーバー準備やインストールの手順も以下の記事で解説しているので、ぜひこの機会に始めてみましょう。

関連記事 WordPressの始め方はこちら

レンタルブログがおすすめな人

レンタルブログがおすすめな人

手軽にブログを始めたいという人は、レンタルブログがおすすめです。

レンタルブログは、とにかく簡単にブログを使えることが強みで、インターネットに疎いという方でも全く問題ありません。

レンタルブログの中では、はてなブログが断然おすすめなので、以下の記事を参考にブログを始めてみてください。

関連記事 はてなブログの始め方はこちら

まとめ

今回はWordPressのメリット・デメリットについて、ポイントを解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • WordPressは、カスタマイズ性が高く、豊富なテンプレが提供されています
  • 運営側の広告が表示されず、ブログの削除リスクがないこともメリットです
  • 一方で、WordPressでのブログ運営には費用がかかり、手順は難しいです
  • 公式サポートがなく、基本的に全て自己責任なこともデメリットとなります
  • 本格的にブログを始めたい方は、ワードプレス一択なので始めてみましょう

収益化を見据えてブログに取り組みたい場合は、ワードプレスが圧倒的におすすめです。

サーバー・ドメインの準備も意外と初心者でもできるので、ぜひ行動を起こしましょう。

【超簡単】WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を4ステップで解説

続きを見る

以上、「WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリット」でした。

あわせて読みたい

-ブログ副業

© 2020 かしわみち