【DOW】ダウの株価・配当金の推移と銘柄分析

DOWの株価・配当金データを知りたい方へ

DOWの株価・配当金について、詳しく知りたい。
最新データやこれまでの分析データを参考にしたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、【DOW】ダウの株価・配当金の推移や銘柄分析を紹介します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

【DOW】ダウの株価データ

ダウ(DOW)の直近の株価は、以下の通りとなっています。

株価$47.15
前日比$-1.38(-2.84%)
年間高値$55.22
年間安値$25.43

株価データは、米国株式市場が終了した後の毎日12時以降に更新しています。

DOWの株価の変動をチャートで詳しく確認していきましょう。

株価チャート

ダウ(DOW)の株価チャートは、上記の通りです。

株価を長期的に見ると、伸び悩んでいるチャートとなっています。

S&P500との比較

ダウ(DOW)の直近5年間の株価上昇率をS&P500と比較しました。

S&P500をアンダーパフォームしていることがわかります。

【DOW】ダウの配当金データ

ダウ(DOW)の配当金に関するデータは、以下の通りです。

配当利回り5.94%
年間配当額$2.8
配当支払い月3, 6, 9, 12月
連続増配年数0年

米国株では、四半期ごとに年4回の配当金が支払われるのが一般的となっています。

配当利回りや四半期配当の推移をグラフでさらに詳しく確認していきましょう。

配当利回りの推移

ダウ(DOW)の配当利回りの推移は、上記の通りです。

株価が低迷していて、かなりの高配当になっていることが確認できます。

四半期配当の推移

ダウ(DOW)の四半期配当の推移は、上記の通りです。

DOWは2019年にDDからスピンオフされたばかりで、増配実績はありません。

増配率の推移

ダウ(DOW)の増配率の推移は、上記の通りです。

DOWは2019年にDDからスピンオフされたばかりで、増配率のデータはありません。

【DOW】ダウの銘柄分析

ここからは、ダウ(DOW)のビジネスについて分析をしていきます。

セクター素材
S&P格付BBB-
採用指数NYダウ / S&P500

DOWは、素材セクターを代表する大型銘柄となります。

自社環境」「競合環境」「市場環境」という3つの観点でビジネスを確認しましょう。

DOWの自社環境

ダウ(DOW)の主力の商品・サービスは以下の通りです。

  • 包装・特殊プラスチック
    ポリエチレン樹脂、接着性樹脂
  • 工業用化学品・インフラ
    シリコーン消泡剤
  • 機能性材料・コーティング
    シリコーン樹脂、速乾水性樹脂

DOWは、世界最大級の化学メーカーです。シリコーンなどの素材化学を中心に、研究開発から製造、販売までを行っています。

2019年にダウデュポンという1社から、ダウデュポンコルテバに分割されました。

ダウ・デュポン 3社分割

引用元:日本経済新聞

DOWの業績推移

DOWの競合環境

ダウ(DOW)の競合企業としては、次のような3社が挙げられます。

  • BASF
  • バイエル
  • 三菱ケミカル

ダウは、化学業界で世界2位のポジションに位置しています。ダウ・デュポン時代の1位から、分割により順位を下げています。

世界1位は、ドイツの総合化学メーカーであるBASFです。

化学メーカーブランドランキング

引用元:Brand Finance

DOWの市場環境

化学素材分野の市場環境は、以下のような状況となっています。

  • 化学素材市場は、新興国需要を中心に、緩やかに成長
  • 素材として利用される化学製品の需要は、景気動向と連動

世界の化学素材市場は、新興国需要が牽引して、一貫してプラス成長を続けています。

一方で、化学メーカーは企業向けに素材を提供するビジネスなので、景気変動の影響を受けやすいことは理解しておきましょう。

引用元:三菱UFJ銀行 産業レポート

\スマホで手軽に米国株/
初心者でもカンタン
アプリで少額から投資ができる

One Tap BUY

※口座開設は完全無料で、維持費用もかかりません。

まとめ

今回は【DOW】ダウの株価・配当金や銘柄分析を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • DOWの株価は低迷していて、S&P500をアンダーパフォームしています
  • 増配実績はありませんが、株価の低迷により配当利回りが上昇しています
  • DOWは、世界最大級の化学メーカーで、研究開発・製造・販売を行っています
  • 分割後に順位を下げましたが、化学業界で世界2位のポジションです
  • 世界の化学素材市場は、新興国需要により一貫してプラス成長を続けています

DOW以外にも、高配当銘柄情報を提供してくれるモトリーフールのメールマガジンも活用してみましょう。

また、投資資金を増やしたいという方は、米国株ブログで資金を稼ぐのがおすすめです。

以上、「【DOW】ダウの株価・配当金の推移や銘柄分析」でした。

【本日の注目】米国株の値上がり銘柄・値下がり銘柄ランキング

【高配当&連続増配】米国株の配当利回りランキングTOP20

米国株のおすすめ銘柄まとめ【株価/配当金の推移とビジネス分析】

あわせて読みたい

-米国株投資
-

© 2020 かしわみち