INVEST MONEY

ウェルスナビをやめたい?マイナスになっている時こそチャンスです!

:2019/09/20

ウェルスナビをやめたいと悩む方へ

ウェルスナビの投資で損失が出ていて、もうやめたい。
やめた方がいいのか続けた方がいいのかを知りたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

本記事の要約

  • ウェルスナビをやめたくなる理由を説明します
  • ウェルスナビをやめたい時は基本に戻ることを解説します
  • 積立投資に必要な資金の作り方を紹介します

この記事を書いている かしわもち は、資産運用歴4年のブロガーです。

今回は、ウェルスナビをやめたい時にどうしたらいいかを解説します。

ウェルスナビをやめたくなる理由

ウェルスナビをやめたくなる理由

ウェルスナビをやめたくなる理由として、次の3つがSNSなどで投稿されています。

  • 評価額がマイナスになった
  • 年1%の手数料が高すぎる
  • 自分で投資をしたくなった

それぞれの理由を確認していきましょう。

評価額がマイナスになった

評価額がマイナスになってしまうと、ユーザーはストレスを感じてやめたいと考えます。

ウェルスナビでは、ロボアドバイザーに自動で運用を任せますが、投資タイミングによっては資産がマイナスとなることもあります。

投資の世界では一時的に資産が暴落することは当たり前で、我慢強さが試されています。

年1%の手数料が高すぎる

年1%の手数料が高すぎると感じて、ウェルスナビをやめたいと思う方がいるようです。

ロボアドバイザーに任せている投資判断を自分でできる方であれば、ウェルスナビでかかる1%の手数料分は完全に不要となります。

参考までに、ウェルスナビのポートフォリオの主力のETFであるVTIを自分で購入した場合は、経費率0.03%と格安のコストです。

自分で投資をしたくなった

ウェルスナビで投資の基礎を学び、自分で投資するためにやめたいという方もいます。

完全自動のロボアドバイザーと比べると手間がかかりますが、自分で情報収集してポートフォリオを組むことも投資の醍醐味です。

そんな方は、世界一のマーケットである米国株で投資を始めることをオススメします。

ウェルスナビをやめたい時は基本に戻る

ウェルスナビをやめたい時は基本に戻る

ウェルスナビをやめたいと考えている時は、資産運用の基本を振り返ってみましょう。

資産運用では、次の3つの観点が重要です。

  • 長期投資
  • 分散投資
  • 積立投資

長期的な分散投資が重要ということは、全世界で読まれる投資バイブルのウォール街のランダム・ウォーカーでも述べられています。

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理

バートン・マルキール
2,750円(11/18 15:14時点)
発売日: 2019/07/20
Amazonの情報を掲載しています

長期投資が運用の基本

長期投資が運用の基本出典:ウェルスナビ公式サイト

短期的な評価額のマイナスには惑わされず、長期投資をすることが資産運用の基本です。

ウェルスナビでは、ロボアドバイザーを信じて長期投資することで、短期投資よりも安定した収益を得られます。

短期投資で確実に利益を出すことはプロでも難しいので、長期投資で手堅く資産を増やすことを基本戦略としましょう。

分散投資は適切か確認

分散投資は適切か確認出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビのポートフォリオが適切に分散投資されているか確認してみましょう。

登録後に設定したリスク許容度により、ポートフォリオの資産配分が決められています。

  • リスク許容度:低
    債券を中心に、低リスク低リターンの資産配分と運用
  • リスク許容度:高
    株式を中心に、高リスク高リターンの資産配分と運用

おすすめのリスク許容度や変更方法については、次の関連記事に詳しくまとめています。

積立投資を地道に継続

ウェルスナビでは、ドルコスト平均法で自動積立投資ができるようになっています。

ドルコスト平均法とは?
株式を定期的に一定金額ずつ買い増す投資法です。
高値時は少し買い、安値時は多く買えることになり、平均取得単価が安くなる効果があります。

評価額がマイナスになっている時は、ポートフォリオを構成するETFを安く買い増せるチャンスであると言えます。

ウェルスナビをやめたくなっている時こそ、将来稼ぐための種を蒔く時期と割り切って、積立投資に力を入れてみましょう。

積立投資に必要な資金の作り方

積立投資に必要な資金の作り方

積立投資に必要な資金を捻出する方法を2つ紹介します。

自分自身の家計の実態に合った投資の仕組みを作っておき、少しずつでも積み立てを継続することが重要です。

楽天経済圏で節約する

楽天経済圏を活用することで節約生活を始めて、余剰資金を増やしてみましょう。

最大16%ものポイント還元を受けることができ、貯めたポイントで費用を圧縮したり、楽天証券で投資信託を買うこともできます。

楽天経済圏のサービスの詳細は、以下の関連記事にて紹介をしています。

投資ブログで発信する

投資ブログでウェルスナビの運用状況などを発信して、広告収入を稼いでみましょう。

最近では、ブログで好きなことを発信して稼ぐのが普及しつつあり、1アクセスあたり1〜4円の広告収入を得ることができます。

稼ぐためのブログの始め方は、以下の関連記事に詳しくまとめているのでご覧ください。

まとめ

今回はウェルスナビをやめたい時に、振り返ること、やるべきことを解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 評価額がマイナスになってしまうと、ユーザーはやめたいと感じています
  • 年1%の手数料が高すぎると感じて、やめたいと思う方もいるようです
  • 基礎を学び自分で投資するために、ウェルスナビをやめた方もいます
  • 振り返るべき資産運用の基本として、長期・分散・積立を紹介しました
  • 楽天経済圏やブログを活用して、積立資金を捻出するのがおすすめです

ウェルスナビは、Fintech領域の資産運用サービスで、これからの発展が期待できます。
やめたいと感じている方は、改めて基本の仕組みを振り返り、判断をしてみてください。

以上、「ウェルスナビをやめたい時にどうしたらいいか」でした。

関連記事

-INVEST, MONEY

Copyright© かしわみち , 2019 All Rights Reserved.