【IBM】アイ・ビー・エムの株価・配当金の推移と銘柄分析

IBMの株価・配当金データを知りたい方へ

IBMの株価・配当金について、詳しく知りたい。
最新データやこれまでの分析データを参考にしたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、【IBM】アイ・ビー・エムの株価・配当金の推移や銘柄分析を紹介します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

【IBM】アイ・ビー・エムの株価データ

アイ・ビー・エム(IBM)の直近の株価は、以下の通りとなっています。

株価$125.27
前日比+$0.24(+0.19%)
年間高値$155.42
年間安値$97.74

株価データは、米国株式市場が終了した後の毎日12時以降に更新しています。

IBMの株価の変動をチャートで詳しく確認していきましょう。

株価チャート

アイ・ビー・エム(IBM)の株価チャートは、上記の通りです。

株価を長期的に見ると、株価は伸び悩んでいて、横ばいのチャートとなっています。

S&P500との比較

アイ・ビー・エム(IBM)の直近5年間の株価上昇率をS&P500と比較しました。

S&P500を大きくアンダーパフォームしていることがわかります。

【IBM】アイ・ビー・エムの配当金データ

アイ・ビー・エム(IBM)の配当金に関するデータは、以下の通りです。

配当利回り5.2%
年間配当額$6.52
配当支払い月3, 6, 9, 12月
連続増配年数25年

米国株では、四半期ごとに年4回の配当金が支払われるのが一般的となっています。

配当利回りや四半期配当の推移をグラフでさらに詳しく確認していきましょう。

配当利回りの推移

アイ・ビー・エム(IBM)の配当利回りの推移は、上記の通りです。

株価は停滞していますが連続増配を続けているため、かなりの高配当になっています。

四半期配当の推移

アイ・ビー・エム(IBM)の四半期配当の推移は、上記の通りです。

着実に配当金の額を積み上げていて、1996年以降は増配を続けています。

増配率の推移

アイ・ビー・エム(IBM)の増配率の推移は、上記の通りです。

増配率は年々低下してきていて、今後も低下が続くと予想されます。

【IBM】アイ・ビー・エムの銘柄分析

ここからは、アイ・ビー・エム(IBM)のビジネスについて分析をしていきます。

セクター情報技術
S&P格付A
採用指数NYダウ / S&P500

IBMは、情報技術セクターを代表する大型銘柄となります。

自社環境」「競合環境」「市場環境」という3つの観点でビジネスを確認しましょう。

IBMの自社環境

アイ・ビー・エム(IBM)の主力の商品・サービスは以下の通りです。

  • クラウドサービス
    IBM Cloud(RedHat基盤)
  • ビッグデータ分析
    Watson(AI)、コンサルティング
  • ITサービス
    システムインテグレーション

過去に栄華を極めたハードウェア事業は縮小していて、ソフトウェアやサービスを主力事業とする方向へ転換しました。

特にクラウドサービス事業では、2018年にRedHatを340億ドルという巨額の資金を投じて買収し、大きな勝負を仕掛けています。

IBM + Redhat引用元:アイ・ビー・エム IR

IBMの業績推移

IBMの競合環境

アイ・ビー・エム(IBM)の競合企業としては、次のような5社が挙げられます。

クラウドサービスは、アマゾンのAWSとマイクロソフトのAzureの2社だけで約半数のシェアを占めているという厳しい環境です。

ITサービスでは、かつての圧倒的な存在ではなくなりましたが、世界1位のポジションを守っています。

世界のITサービスの売上高ランキング引用元:statista

IBMの市場環境

IT分野の市場環境は、以下のような状況となっています。

  • 各国の官公庁や大企業にクラウドファーストの考えが拡大
  • DXが推進されて、データドリブンなビジネスが増加
  • これまでのSI中心のビジネスモデルは厳しい状況に

クラウドの浸透でサーバーやソフトが不要になり、ハードからソフトまでを一括提供するIBMの強みが通用しにくくなっています。

IBMが成長分野と位置付けるクラウドサービスやデータ分析で、SI事業の減収を補えるかが焦点となります。

スマホで手軽に
アプリ任せの自動貯金

時間がなくても知識がなくても
コツコツとつみたて貯金ができる!

貯金アプリfinbee-楽しくお金を貯める貯蓄・貯金アプリ

貯金アプリfinbee-楽しくお金を貯める貯蓄・貯金アプリ

NestEgg, Inc.無料

まとめ

今回は【IBM】アイ・ビー・エムの株価・配当金や銘柄分析を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • IBMの株価は停滞していて、S&P500を大きくアンダーパフォームしています
  • 配当金は、25年間連続増配を続けていて、配当利回りが上昇しています
  • IBMは、ソフトウェアやサービスを主力事業とする方針に大きく転換しました
  • ITサービスの売上高ランキングでは、世界1位のポジションを確保しています
  • 世界にクラウドファーストが浸透し、SI中心のビジネスは厳しい状況です

IBM以外にも、高配当銘柄情報を提供してくれるオックスフォードインカムレターの無料レポートも活用してみましょう。

また、投資資金を増やしたいという方は、米国株ブログで資金を稼ぐのがおすすめです。

以上、「【IBM】アイ・ビー・エムの株価・配当金の推移や銘柄分析」でした。

【本日の注目】米国株の値上がり銘柄・値下がり銘柄ランキング

【高配当&連続増配】米国株の配当利回りランキングTOP20

米国株のおすすめ銘柄まとめ【株価/配当金の推移とビジネス分析】

あわせて読みたい

-米国株投資
-

© 2020 かしわみち