【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの株価・配当金の推移と銘柄分析

VPUの株価・配当金データを知りたい方へ

VPUの株価・配当金について、詳しく知りたい。
最新データやこれまでの分析データを参考にしたいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの株価・配当金の推移や銘柄分析を紹介します。

この記事の著者
米国株投資ブロガー かしわもち

米国株投資ブロガー

かしわもち

Kashiwamochi

プロフィール

米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。
運営者情報の詳細はこちら

【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの株価データ

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の直近の株価は、以下の通りとなっています。

株価$134.49
前日比+$2.66(+2.02%)
年間高値$155.18
年間安値$104.47

株価データは、米国株式市場が終了した後の毎日12時以降に更新しています。

VPUの株価の変動をチャートで詳しく確認していきましょう。

株価チャート

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の株価チャートは、上記の通りです。

株価を長期的に見ると、緩やかに成長しているチャートとなっています。

S&P500との比較

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の直近5年間の株価上昇率をS&P500と比較しました。

S&P500とほぼ同等のペースで成長していることがわかります。

【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの配当金データ

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の配当金に関するデータは、以下の通りです。

配当利回り2.6%
年間配当額$3.4996
配当支払い月1, 4, 7, 10月
連続増配年数4年

米国株では、四半期ごとに年4回の配当金が支払われるのが一般的となっています。

配当利回りや四半期配当の推移をグラフでさらに詳しく確認していきましょう。

配当利回りの推移

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の配当利回りの推移は、上記の通りです。

増配分以上に株価が上昇していて、配当利回りが下がっていることが確認できます。

四半期配当の推移

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の四半期配当の推移は、上記の通りです。

着実に配当金の額を積み上げていて、2016年以降は増配を続けています。

増配率の推移

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の増配率の推移は、上記の通りです。

増配率にはバラツキがありますが、低めの水準にあることがわかります。

【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの銘柄分析

ここからは、バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の詳細について紹介していきます。

ベンチマークMSCI US IMI Utilities 25/50
構成銘柄数66銘柄
総経費率0.10%

VPUは、米国株の公益事業セクター銘柄で構成されるETFとなります。

主な構成銘柄」「セクター別構成比」「他セクターETFとの比較」という3つの観点でETFを分析しましょう。

VPUの主な構成銘柄

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)の主な構成銘柄としては、次の10社が挙げられます。

No.企業名構成比率
1ネクステラ・エナジー13.45%
2ドミニオン・エナジー7.80%
3デューク・エナジー6.78%
4サザン・カンパニー6.22%
5アメリカン・エレクトリック・パワー4.52%
6エクセロン4.09%
7センプラ・エナジー3.64%
8エクセル・エナジー3.62%
9WECエナジー・グループ3.18%
10コンソリデーテッド・エジソン2.97%

公益事業セクターの企業は、米国で電力・ガス・水道を提供しています。完全に国内ビジネスなので、日本での知名度は低めです。

構成比率1位のネクステラ・エナジーは、風力や太陽光などの再生可能エネルギーに力を入れている電力会社となります。

VPUのセクター別構成比

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)のセクター別構成比は、以下のような状況となっています。

No.サブセクター構成比率
1電力59.3%
2総合公益事業28.9%
3ガス4.7%
4水道4.5%
5独立系発電事業1.9%
6再生エネルギー0.7%

電力やガス・水道などの生活インフラの業種で構成されるため、景気変動の影響が小さく不況にも強いことが最大の特徴です。

構成比率を見ると、電力事業が約6割と大多数を占めていることがわかります。

他のセクターETFとの比較

バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)と他のセクターETFとの比較は、次の通りです。

セクターETF年率リターン
S&P500VOO+9.7%
生活必需品VDC+4.29%
ヘルスケアVHT+7.62%
公益事業VPU+7.2%
情報技術VGT+22.71%
資本財VIS+6.19%
エネルギーVDE-12.48%
通信サービスVOX+3.45%
一般消費財VCR+12.08%
金融VFH+3.47%
素材VAW+5.17%

米国を代表するセクターである情報技術ヘルスケアが高成績を上げています。

公益事業セクターのVPUは、市場平均であるS&P500のリターンを下回っています。

スマホで手軽に
世界水準の資産運用

時間がなくても知識がなくても
金融アルゴリズムが投資をサポート!

まとめ

今回は【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの株価・配当金や銘柄分析を解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • VPUの株価は緩やかな成長で、S&P500と同じようなペースで成長しています
  • 配当金は、4年間連続増配中ですが、株価上昇で配当利回りが下がっています
  • VPUは、公益事業セクターの銘柄から構成されていて、総経費率は0.10%です
  • 主な構成銘柄は、NEEやD、DUK、SOなどの電力・ガスを提供する会社です
  • セクター別構成比は、電力事業が約6割で大多数を占めています

VPU以外にも、高配当銘柄情報を提供してくれるオックスフォードインカムレターの無料レポートも活用してみましょう。

また、投資資金を増やしたいという方は、米国株ブログで資金を稼ぐのがおすすめです。

以上、「【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETFの株価・配当金の推移や銘柄分析」でした。

【本日の注目】米国株の値上がり銘柄・値下がり銘柄ランキング

【高配当&連続増配】米国株の配当利回りランキングTOP20

米国株のおすすめ銘柄まとめ【株価/配当金の推移とビジネス分析】

あわせて読みたい

-米国株投資

© 2020 かしわみち