アフィリエイトの失敗を防ぐ3つのコツ【成功のノウハウを公開】

アフィリエイトで失敗したくない方へ

アフィリエイトは9割失敗と聞くけど自分は成功したい。
確実に成功するためのノウハウを教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、アフィリエイト歴10年のブロガーです。

今回は、アフィリエイトの失敗を防ぐ3つのコツを解説します。

失敗を防ぐコツ1:読者中心の記事

失敗を防ぐコツ1:読者中心の記事

アフィリエイトで失敗する原因として、読者中心の記事を書けていないことが多いです。

アクセスを集めるには、「読者が知りたいことを書く」ことが重要です。自分の書きたいことだけを書いてしまうのはNGです。

読者中心の記事を書いて失敗を防ぐために、次の5つのポイントを意識してみましょう。

  • キーワードを絞る
  • 検索意図を考える
  • タイトルは全力で
  • 検索意図への答え
  • ギブアンドギブ

キーワードを絞る

アフィリエイト記事を書く際は、1記事に1キーワードを設定するようにしましょう。

読者は、キーワード検索で記事にアクセスしてきます。つまり、キーワードを設定することが、読者中心の記事を書く第一歩です。

記事にキーワードを設定しないと、入り口のない記事を書いていることになります。

キーワードの探し方

検索ボリューム調査ツール

キーワード取得ツールキーワードプランナーを利用し、狙いのキーワードを探します。

この際、検索ボリュームを見極めることがポイントです。少なすぎるとアクセスが来ないですし、多すぎると上位表示が難しいです。

キーワード選定の詳細は、「SEOキーワードの選び方~検索で上位表示するためにやるべきこと~」で確認してみてください。

関連記事 キーワード選定の詳細はこちら

検索意図を考える

狙ったキーワードで上位表示するには、検索意図を把握して記事を書くことが大切です。

Googleは、検索ユーザーを満足させる記事を上位表示しているからです。つまり、検索意図への答えが記事に書く内容となります。

アフィリエイト広告をいきなり売り込むと嫌われてしまうのですが、検索意図に答える形で提案すると喜ばれます。

検索意図を理解するには?

検索意図を理解するには?

検索意図を理解するには、自分も読者の気持ちになって実際にググってみればOKです。

例えば、[起業 失敗]で調べている読者は、起業しようとしてリスクを調べていたり、起業して上手くいっていないと考えられます。

検索意図を考える方法は、「ブログ記事でペルソナ設定する方法~検索ユーザーの意図を盛り込む~」も参考にしてみてください。

関連記事 ペルソナの詳細はこちら

タイトルは全力で

記事のタイトルは、ブログと読者の接点となる唯一の看板なので、全力で考えましょう。

読者は、検索結果に表示された記事のタイトルから受ける印象によって、実際にアクセスするかどうかを判断しています。

アフィリエイトで失敗する人は、記事タイトルを軽視していることが多いようです。

タイトルの付け方

タイトルの付け方

記事のタイトルは、狙いのキーワードを入れて32文字以内で表現するのがコツです。

また、読者の感情に訴えかけるような表現も効果的です。例えば、「確実に、格段に、劇的に、超絶に」といった表現ですね。

タイトルの付け方の詳細は、「記事タイトルの付け方と成功例【実際にアクセスが増えた7つのコツ】」にまとめています。

関連記事 記事タイトルの付け方はこちら

検索意図への答え

検索意図への答えは、できるだけ記事の最初の見出しに書くように構成してください。

その理由としては、読者は予想以上にせっかちだからで、自分が求めている情報がないと判断すると記事から離脱してしまいます。

いきなり検索意図を満たしたら、その先が読まれないと思うかもしれませんが、さらなる派生情報を書いていけばOKです。

ギブアンドギブ

記事では、ギブアンドギブの精神で有益な情報を惜しみなく発信することが大切です。

アフィリエイトでは信頼を得ることが重要なので、読者を満足させることに注力することが、失敗を成功に導くと断言します。

これまでに紹介したポイントを意識して、読者中心の記事でアクセスを増やしましょう。

失敗を防ぐコツ2:収益化への導線

失敗を防ぐコツ2:収益化への導線

収益化への導線が足りないことも、アフィリエイトで失敗する原因の1つです。

もちろん漠然とアクセスを集めるだけでは稼げないので、アクセスを収益に変えていくような導線を仕込む必要があります。

収益化への導線を作って失敗を防ぐために、次の5つのポイントを意識してみましょう。

  • 広告案件の選定
  • 広告リンクの貼り方
  • ASPとアドセンスの併用
  • アドセンスの配置
  • 売るための記事構成

広告案件の選定

どんな広告案件を選ぶかが、アフィリエイトの収益性を大きく左右してきます。

広告案件を選ぶ基準としては、「報酬単価が高い」「成果条件が優しい」「知名度が高い」という要素を考慮してください。

ASPごとに取り扱う広告案件が異なるので、以下の有名どころは押さえておきましょう

関連記事 アフィリエイト商材の選び方はこちら

広告リンクの貼り方

アフィリエイト広告のクリック率は、テキスト広告を活用することで高くなります。

ネットリテラシーの高い読者は、広告だとわかる広告をクリックしません。バナー広告を目立つように貼るのは、よくある失敗例です。

広告リンクを記事に自然と溶け込ませていくことが、効果的な収益化の導線となります。

ボタン広告を活用する

ボタン広告を活用する

コンバージョンが欲しい場面では、テキスト広告をボタン化して使うのがオススメです。

テキスト広告をボタンで装飾することで、広告感が弱いまま目立つようになるので、クリック率を高くすることができます。

広告種類ごとの特徴は、「アフィリエイト広告の種類を1つずつ解説!【効果的な使い方も紹介】」で詳しく学んでみてください。

関連記事 アフィリエイト広告の種類はこちら

ASPとアドセンスの併用

ASPとアドセンスの併用

収益化の導線として、ASP広告に加えてアドセンス広告を併用するようにしてください。

併用する理由は、実際に購入する読者はせいぜい5%だからです。残り95%の購入しない読者を収益化することが重要です。

購買意欲の高い読者はASP広告で拾い、それ以外はアドセンス広告で拾う体制を作りましょう。

アドセンスの配置

アドセンスの最適配置

アドセンス広告の配置を工夫すると、クリック率を2%ほどまで上げることが可能です。

上記がその一例で、それぞれのブログの構成によって最適配置は変わってくるので、上記をベースにカスタマイズしてみてください。

各広告ユニットの設置方法は、「アドセンス広告の最適配置はコレだ!クリック率を劇的に上げる貼り方」にまとめています。

関連記事 アドセンスの最適配置はこちら

売るための記事構成

アフィリエイトでは、商品を売るための記事構成というものが存在します。

商品を押し売りするのではなく、自然な流れで読者に欲しいと思ってもらうように記事を組み立てていくことがポイントです。

ここでは、すぐに使えるセールスライティングのパターンを1つ紹介します。

AIDAの法則

AIDAの法則

AIDAの法則は、提案型の記事で使えるセールスライティングです。

消費者行動の基本プロセスである注目・興味・欲求・行動の流れで構成することで、読者を効果的に購買行動へと誘導できます。

商品のスペックではなく、実現する明るい未来(ベネフィット)を語り、読者の注目を惹くということが最大のポイントです。

関連記事 ブログ記事の構成はこちら

失敗を防ぐコツ3:データから改善

失敗を防ぐコツ3:データから改善

アフィリエイトの失敗を防ぐには、データを分析して改善を重ねることが重要です。

これまで説明したコツを意識しても、半分以上の記事は失敗すると思います。しかし、失敗して終わりではなく、改善すればOKです。

データから改善を重ねて失敗を防ぐために、次の5つのポイントを意識してみましょう。

  • 検索順位を分析
  • アクセスを分析
  • 売り上げを分析
  • 成功記事を分析
  • リライトで修正

検索順位を分析

検索順位を分析

まずは、ツールを用いて記事の検索順位を分析することが最も基本となります。

使用する分析ツールは、次の2つです。

  • サーチコンソール
    実際に表示されているキーワードの検索順位が確認できます。
  • GRC
    事前に狙ったキーワードに対しての検索順位が確認できます。

検索順位を確認して、1〜10位(1ページ目)に入っていない記事が改善の対象となります。

アクセスを分析

続いて、Google Analyticsを用いてアクセスデータも分析していきます。
>>Google Analytics

こちらは、PV数、滞在時間、コンバージョン率、行動フローなどのサイト/ブログにアクセスした後のデータがわかります。

読者が「記事に満足しているか」や「想定通りの行動をしているか」が確認項目です。

売り上げを分析

さらに、ASPの管理画面から、売り上げが発生している記事も分析しましょう。

管理画面には、コンバージョンリファラという項目があり、発生成果ごとにどのページから発生したかを確認することができます。

よく売れている記事を把握して、記事の傾向を分析してみてください。

成功記事を分析

検索順位・アクセス・売り上げの分析結果を元に成功記事を横展開することを狙います。

アフィリエイトで稼ぐには、少ない成功例をどう増やしていくかが重要です。データから収益アップできる方法を探しましょう。

また、成功している記事と失敗している記事を比較してみるのも効果的です。

リライトで修正

最後に、分析した結果・考察した結果を活用して、記事をリライトで修正します。

過去の失敗した記事をリライトして、上位表示できる記事に変えてみましょう。

リライトの詳細については、「ブログをリライトしてアクセスを増やす方法【記事の検索順位アップ】」で解説しています。

関連記事 記事のリライト方法はこちら

まとめ

今回はアフィリエイトの失敗について、失敗を防ぐコツを3つの観点から解説しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • アフィリエイトの失敗を防ぐコツとして、読者中心の記事が必要です
  • キーワードを中心に読者の検索意図を考えて、記事を書いてみましょう
  • ASP広告やアドセンス広告のような収益化への導線も必要となります
  • セールスライティングを活用して、売れる記事構成も使ってみましょう
  • データ分析の結果から改善を重ねて、失敗を成功に変えることも重要です

9割が失敗するアフィリエイトでも、正しく行動すれば残りの1割になれるはずです。

アフィリエイト成功のノウハウは以下の記事にもまとめているので、ご覧ください。

アフィリエイトを成功に導くジャーニーマップ-月10万を稼ぐ方法論

続きを見る

以上、「アフィリエイトの失敗を防ぐ3つのコツ」でした。

あわせて読みたい

-AFFILIATE

Copyright© かしわみち , 2020 All Rights Reserved.