米国株の連続増配銘柄を紹介します!【配当王・配当貴族銘柄リスト】

米国株の連続増配銘柄に投資したい方へ

米国株で配当重視の安定した長期投資をしてみたい。
減配の可能性が少ない連続増配銘柄を教えて欲しいな。

本記事では、このような疑問に答えます。

この記事を書いている かしわもち は、米国株投資歴5年のブロガーです。

今回は、米国株の連続増配銘柄リストを紹介します。

米国株で50年連続増配 配当王銘柄

米国株で50年連続増配 配当王銘柄

配当王とは、1株あたりの配当金を50年以上連続増配している超優良銘柄です。

米国株の配当王銘柄リストは次の通りです。

銘柄名連続増配年数10年増配率
AWR65年7.8%
DOV64年9.7%
NWN64年2.2%
EMR63年4.7%
GPC63年6.3%
PG63年6.2%
MMM61年10.5%
VVC60年2.8%
CINF59年3.2%
KO57年7.5%
JNJ57年7.0%
LANC57年8.1%
LOW57年18.4%
CL56年7.8%
ITW56年11.3%
TR54年4.5%
HRL53年15.0%
ABM52年3.4%
CWT52年2.5%
FRT52年4.9%
SCL52年8.1%
SJW52年5.7%
SWK52年7.4%
TGT52年15.4%
CBSH51年4.9%

配当王銘柄リストから厳選した注目銘柄を5つ紹介します。

PG:プロクター&ギャンブル

PG:プロクター&ギャンブル

プロクター&ギャンブルは、P&Gで有名な63年連続増配の生活必需品メーカーです。

P&Gの強力ブランドを武器に、洗剤、衛生用品、カミソリ、ヘアケア製品、化粧品などを世界中で販売しています。

MMM:スリーエム

MMM:スリーエム

スリーエムは、化学素材・電気素材を中心とする61年連続増配のコングロマリットです。

特定の製品領域に依存することなく、55,000種類の製品や10万件以上の特許を持ち、多角的に事業展開を進めています。

KO:コカ・コーラ

KO:コカ・コーラ

コカ・コーラは、圧倒的ブランド力を持つ57年連続増配の清涼飲料水メーカーです。

看板である炭酸飲料のコカ・コーラを中心に、商品開発や原液製造などの上流工程を手がけ、世界200カ国で販売しています。

JNJ:ジョンソン&ジョンソン

JNJ:ジョンソン&ジョンソン

ジョンソン&ジョンソンは、AAA格付けを持つ57年連続増配のヘルスケアメーカーです。

消費者向けの製品から、医薬品や医療機器までに及ぶ数万種類の製品群を持ち、ヘルスケア分野で不動の地位を築いています。

TGT:ターゲット

TGT:ターゲット

ターゲットは、幅広い商品を取り扱う52年連続増配のディスカウントチェーンです。

事業は米国内のみですが、日用品や衣料品、家電を扱うターゲットと食料品も含めて扱うスーパー・ターゲットを展開しています。

米国株で25年連続増配 配当貴族銘柄

米国株で25年連続増配 配当貴族銘柄

配当貴族とは、1株あたりの配当金を25年以上連続増配している優良銘柄です。

米国株の配当貴族銘柄リストは次の通りです。

銘柄名連続増配年数10年増配率
SYY49年5.0%
BDX48年10.2%
LEG48年4.0%
GWW48年13.2%
ABBV47年
ABT47年
KMB47年6.2%
PEP47年8.0%
PPG47年5.9%
VFC47年12.5%
NUE46年1.5%
ADP45年10.0%
ED45年2.0%
WMT45年8.3%
ADM44年9.9%
WBA44年15.0%
MCD43年9.9%
PNR43年4.4%
CLX42年8.0%
MDT42年11.9%
SHW41年9.4%
BEN38年13.2%
AFL37年8.0%
APD37年9.6%
CTAS37年16.1%
XOM37年7.6%
BF-B35年8.1%
T35年2.3%
CVX34年5.9%
ECL34年12.2%
MKC33年9.0%
TROW33年11.3%

配当貴族銘柄リストから厳選した注目銘柄を5つ紹介します。

ABBV:アッヴィ

ABBV:アッヴィ

アッヴィは、リウマチ薬ヒュミラで有名な47年連続増配の医薬品メーカーです。

2013年にアボット(ABT)から分社化された企業で、株式投資の未来によると、20世紀後半の好リターン銘柄として紹介されています。

PEP:ペプシコ

PEP:ペプシコ

ペプシコは、スナック菓子と清涼飲料水を中心とする47年連続増配の食品メーカーです。

ライバルのコカ・コーラが飲料に特化しているのに対し、ペプシコは食べ物と飲料がほぼ半分ずつの事業内容となっています。

WMT:ウォルマート

WMT:ウォルマート

ウォルマートは、売上高世界一を誇る45年連続増配のスーパーマーケットチェーンです。

エブリデイ・ロープライスという哲学を掲げ、自社でサプライチェーンを最適化することで、低価格戦略を徹底しています。

MCD:マクドナルド

MCD:マクドナルド

マクドナルドは、低価格帯商品を展開する43年連続増配のファストフードチェーンです。

最近では直営店を減らして、ロイヤリティ収入を稼げるフランチャイズ店を増やして、利益率の高い経営へとシフトしています。

XOM:エクソン・モービル

XOM:エクソン・モービル

エクソン・モービルは、グローバルで事業を展開する37年連続増配の石油メジャーです。

他の石油メジャーと比較すると、上流から下流までのバランスが良く、保守的な財務体質であることが特徴です。

連続増配銘柄を活用する投資法

連続増配銘柄を活用する投資法

最後に、連続増配銘柄を活用する投資法を紹介していきます。

意識するポイントとしては、次の3点です。

  • 高増配率の銘柄を選ぶ
  • 積立投資で買い増す
  • 配当金を再投資する

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 高増配率の銘柄を選ぶ

連続増配かつ増配率が高い銘柄を優先的に選定するようにしましょう。

現在の利回りも大事ですが、増配の積み重ねによる長期的な配当成長が期待できる銘柄への投資こそが重要なポイントとなります。

1つの目安として、配当利回り2.5%以上・増配率7%以上を基準としてみましょう。

2. 積立投資で買い増す

積立投資を地道に継続して、連続増配銘柄を買い増していくことが資産形成への鍵です。

確実に原資を増やしていくことが重要であり、買い増しの方法としてはドルコスト平均法がよく用いられています。

ドルコスト平均法

株式を定期的に一定金額ずつ継続購入する投資法です。

高値時は少し買い、安値時は多く買うことになり、平均取得単価を下げられます。

例えば、毎月25日に特定銘柄を10万円分買い増すのように決めておけばOKです。

毎月の積立額を増やすには、米国株ブログを始めて広告収入を稼いでみましょう。

関連記事 米国株ブログで広告収入を稼ぐ方法はこちら

3. 配当金を再投資する

受け取った配当金は全て再投資し、複利の効果を最大限に活用していきましょう。

普通のサラリーマンが効率的に資産を形成するためには、時間を味方に付けて複利効果を加速させていくことが重要です。

配当金の再投資は、米国株投資の必読本とも言える株式投資の未来をぜひご覧ください。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

ジェレミー・シーゲル, 瑞穂 のりこ
2,420円(04/08 18:53時点)
発売日: 2005/11/23
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

今回は米国株の連続増配銘柄について、配当王と配当貴族の銘柄リストを紹介しました。
記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • 配当王とは、1株あたりの配当金を50年以上連続増配している超優良銘柄です
  • 配当王の代表銘柄として、PG, MMM, KO, JNJ, TGTを紹介しました
  • 配当貴族とは、1株あたりの配当金を25年以上連続増配している優良銘柄です
  • 配当貴族の代表銘柄として、ABBV, PEP, WMT, MCD, XOMを紹介しました
  • 連続増配銘柄を活用するためにも、積立投資や配当金再投資を実施しましょう

連続増配銘柄への投資は、永続的に生み出される配当金こそが大きな魅力となります。

確定申告で外国税額控除を申請して、配当金への二重課税分は必ず取り戻しましょう。

米国株の確定申告のやり方まとめ【外国税額控除で二重課税分を還付】

続きを見る

以上、「米国株の連続増配銘柄リスト」でした。

あわせて読みたい

-US-STOCK

Copyright© かしわみち , 2020 All Rights Reserved.